ENTRY
EMPLOYEE REFERRAL 社員紹介
産みの苦しみの先に待つ「世界に広く影響するモノづくり」のやりがいとは。
さまざまな領域で活躍する社員たちに話を聞きました。

ロボットソリューション事業 営業

装置の仕様や提案方法、
英語力など、さまざまな勉強を
日々重ねています。

伊藤 雅人ITO MASATO

2014年入社 工学研究科電気電子工学専攻修了

FUJIを志望した理由
若いうちから海外に出るチャンスが多い。

とても大きなロボットをマイクロメートル単位で制御する技術に感銘を受けたことがきっかけです。また『英語に関わる仕事がしたい』という強い想いがあり、若いうちから海外に出るチャンスが多く与えられる点にとても魅力を感じました。

現在取り組んでいる仕事の内容
東南アジアへの営業を担当。

東南アジアの国々を担当エリアに、海外営業を行っています。現地代理店とコミュニケーションを重ねながら、機械の仕様や価格、納期など、さまざまな面から競合他社に負けない提案内容を日々検討し、受注獲得をめざしています。場合によっては現地に出張し、内容の詳細を詰めることもあります。身につけるべき知識やスキルがまだまだたくさんあると感じており、装置の仕様や提案方法、また英語でのコミュニケーションなど、日々勉強を重ねています。

やりがいを感じる点
お客様に頼られる時、やりがいを感じます。

海外代理店で日々営業活動をしてくださっている方々やお客様から頼られる際にやりがいを感じます。また、非常に複雑な案件を担当した際、無事に機械の出荷を終え、お客様の工場で稼動した瞬間に大きな達成感を感じます。職場環境については、代理店とのコミュニケーションは基本的に英語で行うため、海外と関わりたい方には魅力的な業務だと思います。

忘れられないエピソード
入社2年目、中国のお客様への提案。

入社2年目の春頃、中国のある企業から「FUJIの製品に興味がある。購入したい。」という話が出ました。その案件を任せてもらったのですが、最初はお客様がFUJIの機械を使って実現したいことがよく見えてきませんでした。そこでお客様の中国工場を訪問し、直接ヒアリングを実施。その情報を社内に展開し、さまざまな部署の担当と議論しながら要望に沿った提案をつくりあげていきました。そしてお客様が来日され、装置が要件を満たしているかどうかを評価される日。説明の流れやデモ評価について工場と綿密に打ち合わせをし、万全の態勢で評価に臨みました。鋭い質問をいくつも受けながらも拙い英語でなんとか説明し、ついに承認をいただくことができました。この時の達成感は大きかったですね。また、営業という仕事について、お客様だけでなく、設計担当や検証担当、出荷担当など、さまざまな人とコミュニケーションしながら、受注から出荷まで、すべてに関わる重要な仕事と認識するようになりました。

なぜFUJIは『世界初』『世界一』の製品を生み出せる?
営業からの情報を各部署が
真摯に受け止めてくれる。

まず、お客様の要望を営業が引き出し、設計をはじめさまざまな部署に展開する。そしてその情報を一人ひとりの担当が真摯に受け止め、装置の改善や新装置の開発につなげる社風ができています。それが『世界初』『世界一』の製品を生み出す根源となっているように感じます。

今後の目標・夢
頼っていただける営業になりたい。

代理店、お客様に頼っていただけるような営業になりたいと思います。

就活中の皆さんへのメッセージ
自分の軸に沿った企業選びをすることが大事。

どの企業に入っても、入社前の想像通りではない部分は出てきます。しかし、自分の軸に沿った企業選びをしていれば、想像と異なる点が出てきても、やりがいを感じられるはずです。私は企業選びの際、『海外出張・駐在のチャンスがある』と『技術力が高いメーカー』、この2つを軸としていました。今の職場にも入社前の想像とちがう点はありますが、努力すれば海外で活躍できるチャンスを広げられる環境があり、良い選択をしたと考えています。

Pagetop

ページトップへ