ENTRY
EMPLOYEE REFERRAL 社員紹介
産みの苦しみの先に待つ「世界に広く影響するモノづくり」のやりがいとは。
さまざまな領域で活躍する社員たちに話を聞きました。

工作機械事業 開発(制御設計)

『やりきった』という充実感を
強く感じられることが魅力。

川口 祐KAWAGUCHI YU

2004年入社 工学部電気電子工学科卒

FUJIを志望した理由
世界トップシェアの製品に興味が湧きました。

第一に『モノづくり』に携わる仕事をしていきたいという思いがあり、機械メーカーを志望していました。その中でもFUJIは世界でもトップシェアの製品を扱っていることを知り、非常に興味が湧いたことを覚えています。

現在取り組んでいる仕事の内容
工作機械の制御設計を担当。

工作機械の制御設計です。お客様の仕様に合わせて、機械をカスタマイズしています。機械が決められた順序で動作するように、ハード設計・ソフト設計を行います。 皆さんにとって身近なものでたとえますと、人がいないときは止まっていて、人が来ると動き出すエスカレータってありますよね。これは、センサで人を検知してエスカレータを動かし、人がいなくなったことを確認すると、エスカレータを止めるという動きになっています。
同じように、機械やロボットを条件に応じてどのように動作させるのか考え、ハード回路やソフト回路を設計します。

やりがいを感じる点
一人でハード設計からソフト設計まで行える。

現在の製造業では、分業制が進んでいるように思いますが、工作機械事業本部では、機械作製にあたり、一人でハード設計からソフト設計まで担当します。
機械をどのように動作させるか考え、それに合わせて設計し、機械調整時に自分の思い通りに機械を動かした時に達成感を感じます。
最後までやりきって、機械が出荷されたときは、機械完成までに発生した問題への対処などの苦労よりも『やりきった』という充実感を強く感じられることが魅力です。

忘れられないエピソード
立ち上げから調整まで、初めて自分で取り組んだ時。

サーボモータを用いて、完成したパーツを搬送する装置の制御設計を担当した時のこと。参考にする装置も図面もない中で、一から図面を作成する必要がありました。さらに操作する人にとってより使いやすいものにするために、画面データを作成し、細かい操作方法まで考える必要があって大変でした。
それまでの仕事は、標準的に調整された機械のカスタマイズ。サーボの立ち上げから調整まで、すべて自分で取り組んだのは初めてでした。非常に内容の濃い仕事で、動作のシーケンスも無駄の無いように組み終わった時には、今までで一番の達成感が湧き上がってきました。

なぜFUJIは『世界初』『世界一』の製品を生み出せる?
チャレンジと、自由。

何事にもチャレンジし、失敗をしてもそれを活かしてより良いものをつくろうという雰囲気があります。仕事へのアプローチも担当者が自由に考えて、決めていけます。そのため、一人ひとりが自分で考え行動しているので、たくさんのアイディアが生まれ、それが製品につながっているのではないかと思います。

今後の目標・夢
機械的な知識について、もっと勉強していきたい。

制御技術者ですが、機械的な知識についてもっと勉強し、制御の分野だけでは無く、機械的な部分からも製品を見ることができる目を養っていきたいです。そうすることで、今まで以上にお客様へより良い提案や解決策を提示できるのではないかと思います。また、機械を設計する点においても、多くの視点で設計できるようになりたいですね。

就活中の皆さんへのメッセージ
常に失敗を恐れず、チャレンジしていく精神で。

失敗は成功のための勉強と思って、常に失敗を恐れず、チャレンジしていく精神で、全力投球していただきたいと思います。結果が見えていないことを成功させたときの達成感・充実感はいいものです。

Pagetop

ページトップへ