ENTRY
EMPLOYEE REFERRAL 社員紹介
産みの苦しみの先に待つ「世界に広く影響するモノづくり」のやりがいとは。
さまざまな領域で活躍する社員たちに話を聞きました。

ロボットソリューション事業 開発(機械設計)

多岐にわたる業務を
任せてもらえるから、
スキルアップできる。

鬼頭 里枝KITO RIE

2013年入社 工学研究科物質工学専攻修了

FUJIを志望した理由
ショールームで見た装置に感銘を受けて。

就職活動をしているとき『モノづくりの会社』という軸で進めていました。たくさんある『モノづくりの会社』の中からFUJIに興味を持ったのは会社説明会に参加したときにショールームで装置を見せていただいたことがきっかけです。実際に動作しているところを見て『こんなすごい機械をつくってみたい』と思い、志望しました。

現在取り組んでいる仕事の内容
機械設計の仕事は多岐にわたります。

電子部品実装ロボットの開発における機械設計・検証を担当しています。機械設計の仕事は、3DCADを使って機械のモデルをつくったり、図面を描くことはもちろん、製品コンセプトやスペックの検討、設計計算、構造解析、多部署との打ち合わせなど多岐にわたります。時には加工業者との打ち合わせやユーザー先へ出向くこともあります。検証では、プリテストや実際にでき上がった機械が正しく動くか、問題が無いか、などを調べていきます。

やりがいを感じる点
自分の描いた図面が実物になった時の喜び。

自分で考えて描いた図面が実物となって組み上がった時のうれしさが機械設計の魅力だと思います。でき上がるまでは試行錯誤の連続で思った通りに設計が進むことはなかなかありません。考えがまとまるまで辛いこともありますが、完成したものを見ると喜びが込み上げ『次はもっと良いものをつくろう』と前向きな気持ちになります。
また、単調な仕事ではなく、幅広い業務に取り組むことでスキルアップできるので、それを実感できた時には、がんばってきてよかったと思えます。

忘れられないエピソード
研修プログラム『創開塾』での貴重な経験。

まだ研修中の時の話ですが、初めて自分が考えた機械を自分で組み立てて動かした時の喜びが忘れられません。FUJIでは入社1年目に創開塾という研修プログラムがあります。チームで一つの機械の開発をするのですが、実際の開発プロセスに従って必要な機能の分析から仕様を決定し、機械設計、制御・ソフト設計、組み立て、調整・評価を自分たちで行います。今も設計の仕事をしていますが、自分で描いた図面を自分で組み立てるということはなかなかないので、本当に貴重な経験をさせてもらったと思っています。

なぜFUJIは『世界初』『世界一』の製品を生み出せる?
チャレンジできる環境が整っている。

社員一人ひとりが常により良いものを目指す姿勢はもちろんですが、そのためにチャレンジできる環境が整っていることが大きいと思います。若手でも意見を尊重してもらえるのでとても仕事がしやすく、悩んでいたら相談に乗ってもらえるのでとても助かっています。

今後の目標・夢
お客様に満足していただける機械をつくりたい。

今後の目標は、まずは知識を蓄えることです。実際に機械設計に携わるようになって知識不足や経験不足を実感しています。機械設計に関する知識、表面実装に関する知識などまだまだ知らないことはたくさんあります。そして単に機械をつくるのではなく、お客様に満足していただける機械をつくることができるエンジニアになりたいです。

就活中の皆さんへのメッセージ
たくさん悩んで、自分が納得できる選択を。

就職活動は自分を見つめ直す良い機会だと思います。大学で勉強したことが活かせる職に就きたいと考える人が多いと思いますが、本当にやりたいことかどうかよく考えてみてください。残りの人生を決める大切な決断になると思うので悔いの残らないようにたくさん悩んで、自分が納得できる選択をしてください。

Pagetop

ページトップへ