ENTRY
EMPLOYEE REFERRAL 社員紹介
産みの苦しみの先に待つ「世界に広く影響するモノづくり」のやりがいとは。
さまざまな領域で活躍する社員たちに話を聞きました。

新規分野 開発

新規分野へのチャレンジは、
『世界初』『世界一』への
大きな可能性を秘めている。

丹羽 陽大NIWA AKIHIRO

2011年入社 工学研究科物質工学専攻修了

FUJIを志望した理由
『何事にもチャレンジする企業』という印象。

FUJIでの会社説明会や面接時に『何事にもチャレンジする企業』という印象を受け、魅力に感じました。私は世の中にまだない革新的なモノづくりに携わる仕事がしたかったこともあり、ぜひここで働いてみたいと思いました。

現在取り組んでいる仕事の内容
工業用プラズマ装置『Tough Plasma』の開発。

所属している部署は新事業創出を部門方針として、日々業務に取り組んでいます。その中で私は入社以来、工業用プラズマ装置『Tough Plasma』の開発に携わってきました。現在はそのプラズマ技術を新規分野へ応用するための基礎研究を行っています。
具体的には試作装置を作成し社内実験、さらには共同研究先の大学や他企業の方と一緒に実験を行い、その結果を基に装置を改良しています。また、学会や特許などを通じて最新の技術について常に情報収集に取り組んでいます。

やりがいを感じる点
自分で考え、自分で調べ、スピーディーに行動に移す。

今の部署では、極端に言えば、自分のやりたいことができます。我々は5名で一つの開発テーマに取り組んでいますが、少人数での取り組みのため、試作の段階から装置作成のさまざまな部分に関わることができました。そして、今後の製品化に向けてどのように進めていくか、自分で考えて、自分で調べ、スピーディーに行動に移すことが求められます。失敗することもありますが、考える力や行動力が磨かれるところが魅力だと思います。

忘れられないエピソード
生の声を聞く大切さを実感。

入社1年目でいきなり展示会の説明員として出張した時のことです。当時はまだプラズマのこともあまり理解できておらず、展示会までに必死に勉強しました。展示会場ではお客様に説明とデモを行いましたが、「こんなことができるなんてすごい。」と言われたときはとてもうれしかったですね。
また、お客様のニーズで多かったのが『もっと強力なプラズマ』でした。その後、新製品としてより強力なプラズマ装置であるFPE20を開発しましたが、やはりお客様の生の声を聞くことが大切だと実感しました。

なぜFUJIは『世界初』『世界一』の製品を生み出せる?
常に現状で満足しない意識。

一つ先を見据えて仕事に取り組んでいる人が多いと思います。現状で満足せず、どうしたらより良くなるか、もっと良い方法があるかもしれない、この技術は別で応用できるかもしれない、と意識しながら仕事に取り組んでいるからこそ、新しいアイディアや技術が生まれるのだと思います。

今後の目標・夢
現在の取り組みを将来、FUJIの主力事業に。

大学との共同研究の成果を基にプラズマ技術を応用した新たな装置を製品化し、さらにはプラズマ装置の分野を事業化することです。新規分野へのチャレンジは、世界初・世界一への大きな可能性を秘めていると思います。我々の現在の取り組みを将来、FUJIの主力事業とすることが目標です。

就活中の皆さんへのメッセージ
よく学び、よく遊ぶことが大切。

学生の時は、よく学び、よく遊ぶことが大切だと思います。今みなさんが経験していることは就職してからも必ず活きることがあると思います。チャレンジ精神旺盛な学生の皆さん、ぜひ我々と一緒に働きましょう!

Pagetop

ページトップへ