ENTRY
EMPLOYEE REFERRAL 社員紹介
産みの苦しみの先に待つ「世界に広く影響するモノづくり」のやりがいとは。
さまざまな領域で活躍する社員たちに話を聞きました。

新規分野 企画・営業

仕事と生活を支える、
新しい環境づくりを目指して

小川 朋子OGAWA TOMOKO

1998年入社 社会学部産業社会学専攻卒

FUJIを志望した理由
グローバルな事業展開と家族的な社風。

貿易業務に興味があり、学生時代に通関士の資格を取得、それを活かした仕事がしたいと思っていました。FUJIは海外との取引がメインであり、貿易業務に没頭できるという理由から志望。また他社と差異化された技術を保持しながら、どこか昔ながらの家族的な社風を感じ、のびのびと仕事ができると思ったことも理由の一つです。

現在取り組んでいる仕事の内容
『新たな買い物スタイル』を提供する
流通サービスの企画・営業。

新規事業を企画・立案・実行する部門に所属しており、現在はそのひとつの柱である『新たな買い物スタイル』として、受け渡し装置を利用した新流通サービス『Quist』の企画・営業に携わっています。
『Quist』とは、仕事と生活の両立を目指す社員従業員向けに、食料品を中心とする『いつもの買い物』を楽にするサービスとして生まれました。事業所に『Quist』を設置し、ユーザである従業員が朝にスマホなどでネットスーパーのサイトから注文し、夕方までに商品が『Quist』に配達、退社時に持ち帰ることができるしくみです。

やりがいを感じる点
常に新しい視点が求められる仕事。

以前所属していた部署と今の部署は求められる能力がまったく異なり、常に新しい視点が求められるので、プレッシャーも強い反面、結果が出たときには非常にやりがいを感じます。
社内に前例のない業界なので、答えがなく、どちらに進むか毎回悩みますが、自分なりに考え抜いた仮説をもとに『やらせてほしい』と申し出た際に快諾してくれる上司や、協力してくれる同僚にも感謝しています。
また、私は2人の娘を持つ『働く母』でもあり、育児も仕事も頑張っている方々の生活を支えていると感じる瞬間が、最大の喜びです。

忘れられないエピソード
ピンチな時こそ本質が問われます。

入社2年目の営業時代のこと。受注が集中して多忙を極め、チェックミスにより受注数より相当少ない数量で出荷してしまい、現地台湾から大クレームを受けました。初歩的なミスにガックリして、小さくなりながら当時の営業本部長に経緯を説明すると「毎日お疲れ様。現地の生産に支障が無い様に進めてくれ。」と、お咎めどころか、むしろ励まされました。経験の浅い社員に怒っても仕方がないと思ったのでしょうが、その度量と冷静さに感銘を受けたのを覚えています。ピンチなときこそ仕事も人間も本質が問われますので、日頃から冷静な判断を心がけています。まだ足元にも及びませんが。

なぜFUJIは『世界初』『世界一』の製品を生み出せる?
年齢や経歴関係なくチャンスを与えてくれる。

『やってみたい』という意気込みを持った社員には、年齢や経歴関係なくチャンスを与えてくれる会社だと思います。最近は、男女の区別もなく活躍する社員が増えてきています。私は毎日育児・家事と仕事の両立で四苦八苦していますが、そんな働き方を認めてくれる自由な社風が『世界一』の製品を生み出す原動力ではないでしょうか? あとは『やるときはとことんやる、遊ぶときは遊ぶ』といったメリハリを持った社員も多く、重要な要素だと思います。

今後の目標・夢
『Quist』を『食のインフラ』環境として整備。

『Quist』の拡販により、世の中の買い物に困っている方々を助けることが直近の夢であり目標です。B to Cビジネスを行う者の醍醐味だと思いますが、エンドユーザの「助かっているよ。」という声を耳にする瞬間が一番の喜びです。これからは『Quist』を事業所だけでなく、生活に身近な場所へ『食のインフラ』として整備し、たくさんの方にご利用いただくことが私の夢です。

就活中の皆さんへのメッセージ
より好みせず、何事もチャレンジを。

入社時は海外営業に所属し、その後、監査部、社内システム構築プロジェクト、調達部……と様々な仕事に携わる機会をいただきました。監査部では苦手とする財務諸表とにらめっこ、社内システム構築では、専門外のプログラム用語が飛び交う日々……。貿易業務に従事すると思って入社した頃には考えられないほど毛色の異なる仕事で戸惑うことも多かったのですが、振り返るとこれらの経験が今に活きていると実感しています。皆さんもより好みせず、何事もまずはチャレンジしてください。将来、点と点が線で結ばれることが必ずあります。

Pagetop

ページトップへ