ENTRY
EMPLOYEE REFERRAL 社員紹介
産みの苦しみの先に待つ「世界に広く影響するモノづくり」のやりがいとは。
さまざまな領域で活躍する社員たちに話を聞きました。

マシンツール事業 開発(機械設計) 課長

ハードルを一つひとつ
乗り越えていく。
その先に感動がある。

鈴山 惠史SUZUYAMA SHIGEFUMI

1995年年入社 機械工学科機械工学専攻修了

FUJIを志望した理由
産業用ロボット分野の業績を見て興味。

機械と制御を主体とした企業を志望しており、産業用ロボット分野で高い業績を上げているFUJIに興味を持ちました。その後、工作機械分野においても世界中のモノづくりの現場で高く評価されていることを知りました。

現在取り組んでいる仕事の内容
DLFnの開発・向上に努めています。

私たちの部署では、工作機械の開発業務を行っています。機械構成の提案・試作製作、機械性能評価・改良を経て、新たな製品を生み出します。その中で私は主に機械設計チームのリーダーとして、メンバーからさまざまな意見を聞き、アイディアを具現化するための方策を考えています。この部署にはほかに制御設計チームもあり、機械・制御の融合された開発ができるよう、コンセプトの共用を進めています。
現在はDLFn(呼称ドルフィン)シリーズの開発業務に取り組んでいます。DLFnは、これまでの工作機械業界にはないモジュールコンセプトの生産設備。すでに旋盤をはじめとしたモジュールをリリースし、現在は多くのお客様からのご意見を基に改良・改善に努めています。また、新モジュールの次期投入についても考えています。

やりがいを感じる点
『モノづくりの楽しさ』を感じられます。

開発という仕事の魅力は『モノづくりの楽しさ』を感じられること。もちろん、新たな製品を生む過程は困難の連続です。図面から部品ができ、組立、配線から試運転、性能確認へと進む各段階で数多くの問題が起こります。そのハードルを一つひとつ乗り越え、実際に機械が動く姿を見た瞬間、そしてお客様の工場へと出荷され、稼動していることを実感した時、大きな感動が込み上げてきます。

忘れられないエピソード
これまでにない機能・性能をどう伝えるか。

特徴的な加工をする機械を設計し、お客様にプレゼンを行った時のこと。画像や言葉による説明ではなかなか伝わらなかったのですが、実物のモデルを見せたところ、すぐに納得していただけました。これまでにない機能・性能について説明する難しさと、伝わった時の喜びと、両方を実感しました。

なぜFUJIは『世界初』『世界一』の製品を生み出せる?
難題に対して、真摯に取り組んできた結果。

生みの苦しさをチームとして実感・共有し、壁に突き当たっても力を合わせて乗り越えてきたこと、そして、お客様の求める難題に逃げることなく真摯に取り組んできたことが、『世界初』『世界一』の製品を生むという結果につながっているのだと思います。

今後の目標・夢
工作機械の本質を追求していきたい。

お客様の求める理想の機械像を、FUJI独自の形で提供していきたい。そのためには、まだまだ勉強不足な面があるため、工作機械の本質を追求していきたいと考えています。そして後進の手本となれるよう、日々努めていきます。

就活中の皆さんへのメッセージ
『新たなもの』を生み出せる環境があります。

自由な発想を基に『新たなもの』を生み出せる環境がFUJIにはあると思います。モノづくりにご興味がある方、一緒に楽しみませんか。

Pagetop

ページトップへ