ENTRY
WORKING STYLES OF WOMAN 女性の働き方
グローバルメーカーには、世界に恥ずかしくない労働環境を整える義務がある。
そう考えるFUJIだからこそ、性別に関係なく活躍できる環境があります。

機械技術部長インタビュー  
機械技術部長 前田文隆

女性ならではの発想や感性を活かして、
存分に活躍してほしいと思います。

部下の女性技術者について、印象を聞かせてください。

以前は機械系の女性技術者がほとんどいませんでしたが、現在は工業系の大学を卒業した女性社員が増えてきています。さすがに学生時代から男性の多い環境に慣れているだけあって、頑固というか、自分をしっかり持っている面があります。「頑固さ」という資質はエンジニアにとってはある程度必要なものです。そういう強さがないと考えにブレが生じてしまうので、私は良いことだと思っています。もちろん、男性に対しても言えることですが。

部署に女性技術者が増えて変わったことはありますか?

女性社員がいると、やはり職場が明るくなる傾向がありますね。男性も女性社員がいると意識が変化し、「女性目線で装置を開発したらどうなるのか」という意識を持つようになってきた気がします。あとは、やはりFUJIの製品が使われている現場では女性のオペレーターがかなり多いので、そういう面で女性特有の視点が活かせると、さらに良いですね。そうした目線で開発に携わるようになると、今よりもさらに良い方向に向かうのではないかなと、とても期待しています。

女性の技術者に期待することは何ですか?

女性ならではの感性、観点、視点をどんどん前面に出して経験を重ねてもらい、いずれは製品開発に携わってほしいと思っています。また、男性・女性を問わず、言うべきことがあれば遠慮せずに発言してほしいと思っています。思ったことを口に出すのは難しいとは思いますが、できるだけ積極的に発言して自分の意見を言ってほしいです。私たちとしても、意見や考えを発言しやすい職場環境づくりを進めているところです。

「一緒に仕事がしたい」と思うのはどんな人ですか?

よく言われているように「積極性」、「前向き」、「チャレンジ」などが必要だというのはもちろん、「粘り強くあきらめない」、「やりきる」という意志を持った人と一緒に働きたいですね。「コツコツと地味でいいから続けられる」、そういう社員と仕事ができるといいなと思っています。それと、自分の意見を述べたり自分から提案したりできる人。こちらが指示したことだけでなく、「こういうことをやった方がいいんじゃないですか?」と考えを伝えてくれるとうれしく思います。興味のあることを自分からどんどん追求してくれる人は頼もしいですね。

理系女子学生に対してメッセージをお願いします。

学生時代は学業が一番大切ですが、やはり理系に進んだからには、何らかの目標を持っていると思うので、その目標に向かって楽しく学生生活を送ってほしいと思います。機械系、制御系など専門分野の学びも大切ですが、専門分野以外のいろいろなこと(遊びでもスポーツでも趣味でも何でも良いのですが)にも視野を広げてください。少しでも興味を持ったら、一歩でいいから踏み込んでいろいろ吸収し、充実した学生生活を送っていただけたらと思います。

Pagetop

ページトップへ