製品紹介

モジュール型生産設備 DLFn

モジュール型生産設備 DLFnは

電子部品実装ロボットで進化したDNAを工作機械へ組み入れる事で完成しました。

DLFnとは

DLFnは各種機械モジュールや装置モジュールを規格化されたプラットフォームに搭載し生産ラインを小さな工場に見立てた「ミニチュアファクトリー」を実現しています。

省スペースを極限まで追及した多彩なモジュールの組み合せにより最小限のスペースで最大限の生産性を確保。

共通プラットフォームにより各モジュールの操作感が統一され多彩なモジュールを違和感無く操作できます。

  • 入力ストッカ
  • 旋削
  • 旋削
  • 旋削
  • 計測
  • 穴加工
  • 穴加工
  • バリ取り
  • 洗浄
  • 出口ストッカ

DLFnの特徴

モジュール方式の採用

1台のベース上に2台の機械モジュールを搭載。規格化されたベース上でフレキシブルな生産工程を構築できます。

引き出し可能なモジュール

機械モジュールは、700mm前方へ引き出すことができます。段取り替え作業なども容易に行えます。

ライン全長の50%削減

当社従来比、半分以下のライン全長を実現します。

面積生産性の向上

DLFn置き換えによるフロアスペースの削減。シンプルな自動化を実現します。

DLL3+/ワーク搬送装置による自動化

ベースモジュールにロボットを搭載し、すばやい動作でロスタイムを軽減します。

UNICORN/コントローラ

ドルフィンにはFUJI独自のコントローラ ユニコーンを開発し搭載いたしました。

生産ラインに必要な機械、装置、搬送の全てを同じコントローラで制御している為快適な操作性を実現します。

機械モジュール

旋盤モジュール

革新的な機械モジュール幅、450mmで最大加工ワークΦ300。

12インチクラスのチャックを搭載できる主軸と8本の工具を載せられるタレットを配置しています。

ドリミルモジュール

450mmの幅に剛性の高い主軸と7.5HPのモータを搭載。最大穴あけ能力Φ20を実現、高効率加工が可能です。

周辺装置

IN側4段コロコンストッカー
ロータリ式ワークストッカー
計測装置
関連ファイル

Copyright© FUJI CORPORATION. All Rights Reserved