株式会社FUJI

 

製品紹介

Nexim

統合生産システム
SMT工程に必要な機能を統合し、FUJI Smart Factory実現のコアとなるシステム

製品の特徴

システム主体での生産

Neximは、プログラムデータの作成、生産スケジュールの作成の自動化を推し進め、より簡単に短時間で作成可能です。

作成されスケジュールに基づき部品の払い出しや段取替えのタイミングを案内し、装置の稼働状況に合わせて部品補給を案内します。

このようにNeximはシステムが主体となって各工程をつなぎ、生産をコントロール、FUJI Smart Factoryの実現を支援します。

ワークの変化に生産設備が自動的に追従

実装ラインにおけるワーク、つまり基板に付与されているIDやマークを読み取ることで、Neximから装置に段取替えを案内します。装置はバックアップピンの配置に至るまで段取替え作業が自動化され、人が介在することなく生産品目の変化に設備が追従します。

予知保全への取り組み

Neximは印刷機や実装機だけでなく、検査機やリフローなど他メーカーの製品と連携することで、ライン全体の情報を統合管理できます。これにより実装機だけでなく検査機の情報も解析し、予知保全が可能になります。

早く知り、早く手を打つ

生産ラインで起こるトラブルをいかに早く知り早く手を打つかが、品質と効率を高いレベルで維持していく上で重要です。Neximはモバイル機器を使用して、現場で見るのと同じように生産状況確認ができます。また、予め設定しておいた進捗や稼働率などに対する閾値を超えると、その情報を指定のメールアドレスに通知することができ、知るべき情報を迅速に受け取ることが可能です。