株式会社FUJI

製品紹介

NXT III

モジュール型高速多機能装着機

製品の特徴

高い生産性を実現

XYロボットとテープフィーダの高速化、そして「フライングビジョンカメラ」により極小部品から大型異形部品まですべての部品に対して部品装着能力が向上しました。

また、高速ヘッド「H24Sヘッド」により、1モジュールあたりの部品装着能力は42,000cph*(生産優先モード)を達成しました。

※弊社条件下

0201部品(0.25×0125mm)に対応

装着精度±15µm*(高精度モード)

NXTⅢは現状の生産で使用されている部品では最小となる03015部品はもちろんのこと、次世代の超小型部品である0201部品の実装にも対応します。

また、従来機種に比べ、さらに剛性を増した装置構造、独自のサーボコントロール技術と部品画像認識技術により、業界トップクラス*1の小型チップ部品の装着精度±15µm*2(3σ)Cpk≧1.00を達成しました。

※弊社条件下

※2当社調査

更なる高生産性を実現する   M3 IIIS モジュール

43,000cph*の高速実装

次世代通信規格5Gに対応するためのウエアラブル端末の高性能化や、IoTの普及による通信モジュールやセンサーの需要増大しています。

M3 IIISモジュールは、高密度基板やモジュール部品の生産で多用される動作を重点的高速化、高速ヘッドと組み合わせて生産性を向上します。

※弊社条件下

 

設備の有効利用が可能

NXTⅡで使用されていた、主要なユニットであるヘッド、ノズルステーション、フィーダやトレイユニットなどの部品供給ユニット、デバイスパレットやデバイスパレット一括交換台車などは、そのままNXTⅢにて使用することができ、設備の有効活用が出来ます。

関連ファイル