製品紹介

sFAB-D

異形部品の挿入工程は、荷姿や実装機で扱える部品サイズには限界があるため、手作業で行われているのが現状です。しかし、手作業による挿入工程では品質や作業時間にバラツキが生じることが課題として挙がっており、自動化への要求が高まっています。

モジュール型汎用自動組立機sFAB-Dは、リード部品から大型・異形部品まで、あらゆるサイズや形状、供給形態に柔軟に対応し、手作業で行っていた挿入工程を自動化したことで安定した品質や生産が提供可能です。

圧倒的な部品対応力

これまでの挿入機では対応できなかった大型部品や重量部品にも、多彩なハンドリングツール、ヘッド、部品供給ユニットで対応します。手挿入で行っていた広範囲の組み立て作業が自動化でき、作業時間や品質を安定させます。

多様な部品に対応するハンドリングツール

標準的な汎用部品はもちろん、複雑な形状の異形部品や大型部品まで、多様化する部品種や部品形状に合わせて、ノズル・チャックでのハンドリングが可能です。

 

部品を吸着してハンドリングするノズル

供給された部品の上面を吸着してハンドリングします。ノズルには丸型・角型があり、吸着面がゴム素材でできているため、吸着時の部品への衝撃を軽減し、重量部品でも落下させることなく安定した姿勢で搬送します。

横向き供給部品も直接挿入可能な旋回ノズル

リードが横向きの状態で供給される部品を直接吸着し、リードが下向きになるよう部品を旋回して基板に挿入します。

幅広い部品サイズに対応可能な汎用メカチャック

同一のチャック本体に適切なツメ・ツメ取付位置・アテガネを組み合わせて使用できるので、新しい部品でも即時生産開始が可能です。
とりわけ使用頻度の高いツメ・アテガネをセットにしたツールキットも用意しており、このキットをご利用いただくと一般的な部品の80%*をカバーすることが可能です。(*当社調べ)

簡単に入れ替え可能な小型軽量ヘッド

小型部品の高速搬送から大型部品の搬送まで、部品をハンドリングしたノズルやチャックを効率よく確実に搬送するヘッドを用意しております。

 

小型部品を高速搬送 sH08ヘッド

1つのヘッドで8個の部品を同時にハンドリング可能なロータリーヘッドで、小型部品を高速搬送します。

小型部品から大型部品まで対応 sH02ヘッド

1つのヘッドで2個の部品を同時にハンドリング可能なヘッドで、小型部品から大型部品まで対応します。
複数種の部品を組み立てる場合に適しています。

多品種少量生産に威力を発揮 sOFヘッド

クロウをモーター駆動し、クランプ幅を自由に選択できるため、ツール切り替えを減らし多品種少量生産での生産性向上に威力を発揮します。
トルク制御により把持力をコントロールできるほか、吸着ノズルやリード部品チャックも使用できるので、幅広い部品種への対応が可能です。

ツインキャリー

ツインキャリーは2つのヘッドを1つの装置に並べて取り付けて使用する機能です。ツール交換時間や同時搬送で生産時間が短くなり、生産効率が大幅に向上します。

例えば、sH02ヘッドとsH08ヘッドを組み合わせて使用した場合、sH02ヘッドだけで生産した場合に比べて生産時間が40%削減*できます。(*当社調べ)

手作業の自動化を実現した供給ユニット

テープ部品やトレイ部品、バラ部品、それぞれの荷姿に対応した供給ユニットや、リードの曲げやカットを自動で行う供給ユニットで、手作業の自動化を実現します。

 

多彩なフィーダー種

テーピング部品・スティック部品に対応した多彩なフィーダーを用意しています。

リード部品の挿入前加工

リード部品に対して手作業で行っていた曲げ、カット工程を自動的に行うことで、安定した品質で工数を削減できます。

大型部品を供給するトレイユニット

生産中に無停止で部品補給が可能 sMTU-LT2

上下2マガジン機構になっており、生産中に部品補給ができるため、部品補給によるダウンタイムが発生しません。

大型トレイ対応で部品補給回数を低減 sMTU-XL

トレイ1段あたりに供給できる部品数を大幅に増やしたことにより、補給回数を最大で従来の1/6*とすることが可能になりました。(*当社比)

バラ部品の自動供給

テーピングやトレイ配置されていないバラ部品を、手間をかけずにそのまま供給して挿入の自動化を可能にします。

確実な部品送りかつ容易な段取り替えを実現 BPU2

5種類の異なるバラ部品が供給可能で、段取り替えもキャリア部分を交換するだけなので容易です。

コンパクトでフィーダーと混載可能 リターンフィーダー *

ボウル部分をスリム化したことで非常にコンパクトになり、他のフィーダーと混載して使用できます。

* 日本国内のみ販売となります。

高品質な挿入工程

挿入前後の確実なプロセスにより、高品質で確実な挿入工程を実現します。

 

正しい向きに挿入

吸着前後の極性確認

部品を吸着する前に部品上面を撮像して供給方向を確認し、吸着した後で正しい向きに合わせてツールを回転することで、極性間違いを防ぎます。

また、部品下面側から極性が判別できる部品は、リードを画像処理した後で極性を判別し、正しい向きに合わせて挿入します。

確実なハンドリング、挿入

確実な部品ハンドリング

ラジアル部品に対応したリード部品チャックでは、部品リードを把持することでリードピッチが安定し、確実に挿入することができます。

アキシャル部品に対応したリード部品チャックでは、ツメの溝に部品リードを入れてクランプし、部品リードの張力を利用してハンドリングします。

正確な画像認識

多彩な照明パターンと高精度画像処理

部品のリード先端部分をサイドライトで照射して撮像し、画像処理することで、部品リードの位置補正や部品リード曲がりの確認が可能となり、安定した挿入が可能です。

挿入確認、転倒防止で高品質

部品の挿入確認機能

正常時に必要なZ軸ストロークとの差で挿入できたかどうかを確認します。

また、カット&クリンチ動作時に導通テストを行い、正しく挿入されたかどうかを判断します。

部品挿入後の転倒防止加工

リード部品を挿入後、基板裏からカット&クリンチすることで、挿入した部品の倒れや抜けを防止します。リードの曲げ方向は、外曲げ・内曲げ・N曲げに対応しています。

また、リード部品だけでなくコネクター部品なども基板下に突出している板金を曲げることで軽カシメが可能*です。

* 板金の厚みには制限があります。

確実に挿入するための調整機能

装着座標調整

部品を挿入する基板は、図面上の寸法と実際の基板の寸法が異なることがあるため、画面上で実際の挿入位置を確認し、挿入位置を微調整するための機能が準備されています。

自動化

Step upで全自動化

導入できるところから最小構成で自動化をスタートさせても、差分投資で全自動化が実現できます。さらに、機種切り替えもユニット変更で対応できますので、過剰な設備投資は不要です。

関連製品
関連ファイル
関連情報

Copyright© FUJI CORPORATION. All Rights Reserved