株式会社FUJI

 

NEWS

画像処理データの作成を短時間で簡単、確実に

製品・技術・展示会

 

実装機の画像処理データの作成は、設定項目が多く、データの作成には経験と時間を要します。特にパッケージ部品のようにリードやバンプがボディの外側にある画像処理データの作成は、さらに難易度があがります。こうしたプログラミングの問題に対し、FUJIはAuto Shape Generator/ VPD plus (ASG/VPD)での解決をご提案します。

ASG/VPDでは、FUJIのホストシステム(Nexim、Fuji Flexa)がインストールされたコンピュータ上で、画像処理データを視覚的に作成、編集できます。(注1)

(注1:ホストコンピュータには、画像取り込み基板の取り付けが必要です。)

 

特徴とメリット

画像処理データ作成工数 80%削減

実部品画像からデータを作成し、ASG/VPDが部品種を判断したうえで、Vision Typeを自動で選定します。

ライン停止なし、後戻り作業なし

装置に搭載されている画像処理アルゴリズムを装備しているため、ラインを停止させることなくオフラインでデータ作成からテストまで行うことができます。

誰でも簡単、ミスなく作業可能

ウィザード形式の設定画面で迷わず操作できます。さらに、視覚的に形状を確認しながら設定できるため、データ入力ミスもありません。

生産システムとの連携

ASGと装置をネットワーク接続するため、プログラマーは生産現場へ移動することなく画像処理データの作成や編集が可能です。万が一、画像処理エラーが発生した場合でも装置から取得した画像を基にデータの修正ができるので、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。

 

 

お問い合わせはこちら ---> Click here