株式会社FUJI

 

NEWS

外段取り作業を無駄なくシンプルに

製品・技術・展示会
スマートセットアップステーション

 

生産中に次の生産準備を行う「外段取り」は、段取り替え時の生産停止時間を最小化するうえで有効な運用方法です。スマートセットアップステーション (SSS)は、こうした外段取り作業を効率よく行うために開発されました。
SSSを使えば、作業者は外段取りに必要な一連の作業を、迷わず・確実に行うことができます。

部品搭載位置と作業の完了を“色”で案内

フィーダーの搭載位置と搭載の完了が視覚的に確認できるので、ペーパーレスでも迷わず、正しい位置へ部品がセットできます。

部品収集時間を半分に短縮

対象のワークオーダーを選択すると必要な部品の所在場所が表示されるため、部品収集時間を約1/2(*1)にできます。
*1: 弊社調べ、Neximエリア管理機能の設定が必要です。

ユニットIDから使用先の確認が可能

準備が完了したデバイスパレットやマルチフィーダーユニットが複数ある場合でも、ユニットにあるIDバーコードをスキャンすれば、使用する生産ラインと装置が案内されます。
統合生産システムNeximとの通信機能付きのデバイスパレット(NXT III系)、またはマルチフィーダーユニット(AIMEX III系)が必要です。

 

関連アイテム
統合生産システム Nexim ---> Click here

 

お問い合わせはこちら ---> Click here