株式会社FUJI

 

NEWS

装置内スペースを活用したトレイ部品供給 インナートレイステージ

製品・技術・展示会

 

様々な生産量や段取り替え運用のご要望にお応えできるよう、FUJIはこれまで、トレイユニット-LT、段積みトレイフィーダーをはじめ、いろいろなタイプのトレイ部品供給ユニットを開発・提供してまいりました。しかし、電子機器のライフサイクルは短く、生産機種の変更に伴う部品の使用量や使用比率が頻繁に変化する中、以下に挙げた新たな課題への対応が急がれています。
  • リール部品の使用量増大により、部品供給ステージにトレイユニットの搭載スペースが確保できない。
  • トレイ部品の使用量増大により、所有のトレイユニットだけでは部品を載せきれない。
  • トレイ部品の使用量減少により、トレイ部品供給ユニットへの投資は低く抑えたい。
このようなトレイ運用の課題に対し、FUJIは新開発の「インナートレイステージ」をご提案いたします。

特徴とメリット

  • 専用ユニットを使わずにトレイ部品の供給が可能です。
  • 装置内のスペースへトレイを搭載するため、部品供給ステージはすべてフィーダー類へ割り当てられます。
  • トレイユニットと比較して、投資金額を抑えられます。
インナートレイステージ基本仕様
対象機種 AIMEX III(シングルコンベア機)
対応ヘッド DX (R4、S1)
対象トレイ 最大 322.85×136.15 mm
(JEDECトレイ)
最大部品厚み 19 mm(トレイ含む)
最大搭載数 2枚

 

AIMEX IIIの詳しい情報はこちら ---> Click here
お問い合わせはこちら ---> Click here