事業紹介

電子部品実装ロボット|通信インフラ

いつでも何処でも利用できるインターネットやクラウドサービス。それらを実現するための通信インフラや、サーバーが不可欠です。大型の電子基板への部品実装や、大型のコネクター多様な部品への対応で生産を支援します。

トレーサビリティー

徹底したモジュール化とユニット化により細かくID管理された設備と、リファレンス単位で取得される実装データを紐付け、生産に関わった部品、装置、ユニットを特定したり、部品IDなどからその部品が実装された基板を特定するなど、きめ細かなトレーサビリティー取得が可能です。

段取り替えを最小に

実生産において多数発生する段取り替えに対して、基板IDや製造指示書のバーコードを読み取るなどし、プログラムの自動切り替えを行うことができます。また、生産スケジュールの最適化により段取り替え回数を減らすことが出来ます。

大型・異形部品対応

技術の進化と共に、搭載する部品も変化します。
大きさや、形状がさまざまなコネクタやLEDなどに対応できるノズルや、チャック、機能で実装を実現します。

関連製品

Copyright© FUJI CORPORATION. All Rights Reserved