企業統治

コーポレート・ガバナンス

当グループは、株主、顧客、取引先及び社員にとってより高い企業価値の創造に努めることを最重要課題と認識し、経営環境の変化に迅速かつ的確に対応できる組織体制と公正かつ透明性のある経営システムの構築・充実ならびにリスク・コンプライアンス体制の強化を図ることに努めています。

企業統治の体制の概要

当社では監査役制度を採用しています。
取締役会は、毎月の定例取締役会のほか、必要に応じ開催される臨時取締役会にて法令で定められた事項、その他経営上の重要事項の決定と業務の執行状況の監督を行っています。2016年6月29日現在の取締役は8名の体制となっており、そのうち社外取締役は2名です。2016年6月29日現在の監査役は3名であり、そのうち社外監査役は2名です。監査役は取締役会に出席し、毎月及び必要な都度監査役会を開催し、経営ならびに取締役の職務の執行の適法性を監査しています。
経営の意思決定機能と業務の執行機能を分離し、経営のスピード化と責任の明確化を図るため、執行役員制度を導入し、執行役員への権限委譲を行うとともに業務の執行責任を持たせ、定例及び臨時経営業務執行会議にて業務執行の報告及び方針の決定を行っています。業務の執行に当たっては、毎年度「経営方針」、「年間(中間)利益計画」を策定し、経営目標を明確にするとともに、各部門で達成管理を行っています。2016年6月29日現在の執行役員は11名(うち取締役兼務5名)です。
また子会社を含めた経営業務執行会議も定期的に開催し、グループ各社の経営状況の確認とコーポレート・ガバナンスの強化に努めています。

コーポレート・ガバナンス体制図

企業統治の体制を採用する理由

当社は、少数の取締役により迅速な意思決定と取締役会の活性化を図るとともに、執行役員制度を導入することにより経営のスピード化と責任の明確化を図り、効率的な経営システムの確立に努めています。また、内部統制会議の開催やリスク・コンプライアンス委員会の運営を通じて、経営の公正性及び透明性を高めるための体制整備にも取り組んでいます。社外取締役は取締役会において、それぞれの経験や専門的見地から助言・提言を行っています。
監査役会は社外監査役を含んだ体制として監査役制度の充実強化を図り、経営の機能監視を強化しています。

内部統制システムの整備の状況

代表取締役社長直轄の監査部を設置し、各部門の業務の執行状況が法令、定款及び社内規程に基づき適正かつ合理的に実施されていることを監査し、その結果を代表取締役社長に報告する体制をとっています。
また、財務報告に係わる内部統制の構築、整備、運用、評価を統括することを目的に、代表取締役社長を最高責任者とする「内部統制会議」を設置し、システムの整備状況を監督するとともに、継続的に改善を行い、企業価値の向上を図っています。

リスク管理体制の整備の状況

当社を取り巻くリスクを適切に管理するため代表取締役社長を最高責任者とした「リスク・コンプライアンス委員会」を設置し、各部門におけるリスク管理体制の整備を支援しています。また、全社的な視点から、「リスク管理基本規定」を定め、各部門において経営活動の遂行を阻害するリスクを組織的・体系的に整理したうえで、その発生の予防と発生時の損害を最小限にするよう努めています。さらに、品質、環境、安全衛生に係るリスクに関しては個別に委員会を設置し、各部門と連携してリスクの予防、回避、管理の各対策を講じています。
また、監査部は、子会社の業務の執行が適正に行われ、子会社を含めたコンプライアンス体制及びリスク管理体制が適正に運営されていることを監査し、その結果を代表取締役社長に報告しています。

ページトップへ戻る

環境への取り組み(2017年度版)

環境保全活動の基本的な考え方

当社は、環境保全活動を経営課題のひとつと位置付け、豊かで美しい自然環境を次世代に残すため、全社をあげて環境保全活動に取り組んでいます。環境保全に対する基本的な考え方は次のとおりです。

環境基本方針

富士機械製造株式会社は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の1つであることを認識し、環境に配慮した企業活動を実施します。

行動指針(7つの約束)

  • 当社の主要製品である電子部品実装ロボット・工作機械において、環境に配慮した製品開発と生産を行います。
  • 環境マネジメントシステムの継続的改善及び汚染の予防を図ります。
  • 当社に適用される環境関連の法規制及び当社が同意するその他の要求事項を順守します。
  • 当環境方針を具現化するための環境目標を設定し取り組み、定期的にレビューします。
  • 事業活動におけるエネルギー及び資源の効率的な利用と廃棄物の削減を図ります。
  • 矢作川水系に隣接した立地条件を認識し、有害物質の削減に努め、水と自然を大切にします。
  • 環境教育や社内広報活動を通して、当社内で働くすべての人に環境方針の周知徹底を図ります。
    また、関係諸官庁、近隣住民及び協力会社とのコミュニケーションを積極的に行います。

(2009年5月改訂)

環境課題への対応状況

環境方針を実現するために長期的(5ヵ年)な環境保全の到達目標として「環境管理5ヵ年計画」を定め目標達成に向け推進しています。また「環境管理5ヵ年計画」に基づく当年度の目標として「年度全社環境目標」を定め、部門の環境活動に展開しています。

環境管理5ヵ年計画(2016~2020年度)

No 活動項目 2017年度(今期)目標
1 地球温暖化防止対策 生産効率向上、省エネ活動の啓蒙・推進など
エネルギー消費原単位1%削除
(基準年度:2016年度)
2 資源循環推進 省資源活動の啓蒙・推進など
埋立廃棄物重量43%削減
(基準年度:2015年度)
3 製品対策 環境配慮(省電力・省スペース)製品の開発

1.エネルギー消費原単位の推移(2010年度を100%とした場合)

2.埋立廃棄物重量

省エネルギー工場

省エネルギー工場イメージ

藤岡工場第7工場(機械加工工場)は、地熱を利用した空調(クールヒートチューブ)を導入しています。
クールヒートチューブとは、外気を地中に埋設した配管に通してから空調機器に供給する方式です。
空調負荷が低減し、消費エネルギーの削減、空調コストの削減とともにCO2排出量も削減し、環境保全にも貢献します。

省エネルギー製品の開発

省エネルギー製品の開発

上のグラフは、10,000CPH(1時間あたりの電子部品装着点数)を達成するのに必要な消費電力量です。「NXTⅢ」を用いると、従来機種「NXTⅡ」と比べてチップ一点あたりの消費電力を26%(前シリーズ機種「CP643」と比べて88%)削減できます。

NXTⅢ省電力化への取り組みは、エネルギーの削減とともに社会的貢献が大きいと評価され「2014愛知環境賞」優秀賞を受賞しました。(リンク:2014愛知環境賞受賞

水質汚濁、騒音、振動への対応状況

化学物質 排出量の低減対策

基本方針

1)当社は、事業活動に関連する化学物質の法規制に対する基本方針を定め、それを順守します。
2)化学物質を使用・廃棄する部門は、適用される化学物質の法規制を順守します。

化学物質の排出量・移動量

PRTR制度対象物質の排出量等について把握し、各物質の年間使用量が届出対象(1t又は0.5t以上)に満たないことを確認しています。

PRTR法対象化学物質使用総量

国際規格(ISO14001)への対応

ISO14001(環境マネジメントシステム規格)認証取得

認証機関:ビューローベリタスジャパン(株)
登録番号:3373044
登録活動範囲:全工場(本社工場、藤岡工場、岡崎工場)

本ページの記載内容は「環境省『環境報告ガイドライン(2012年版)』」を参考にしました。

ページトップへ戻る

国際規格(ISO)

国際標準化機構(International Organization for Standardization)が定めた、国際的な標準規格であるISO9001とISO14001の認証取得をしています。

ページトップへ戻る

IR

株主・投資家との対話

(1)当社は、株主・投資家の皆様と長期的に安定した関係を築くため、適切な利益配分と適正・公平かつタイムリーな情報開示に取り組んでいます。

(2)当社では、機関投資家やアナリスト向けの説明会を第2四半期及び期末の決算後に実施しています。その他にも各種カンファレンスへの参加、海外IRの実施など様々な機会を通じて、株主・投資家様とのコミュニケーションを図っています。

(3)当社ウェブサイトでは、事業概要や財務情報など、タイムリーにわかりやすい情報開示を心がけています。

ページトップへ戻る

地域社会

地域社会の一員として、「地域の皆様に愛され、親しまれるFUJI」を目指して活動を展開しています

CSR NEWS FUJIの取り組み

2017.11.17知立中学校職場体験

知立中学校職場体験

知立中学校職場体験

モノづくりを身近に感じて

富士機械製造は、2017年11月8日から3日間、知立中学校の2年生2人を職場体験として受け入れ、主に新機種の治具組立作業に携わって頂きました。

「とても興味のある分野なので、とても楽しかったです。とても貴重な体験で、今後、自分の進路を決めていくにあたり、大きな一助となると思います。」「最初は慣れない環境で、不安と緊張がありましたが、職場の人達が優しく接してくれたおかげで、最後まで楽しく頑張ることができました。様々な事を体験することで、仕事についてよく理解を深められました。」等、現場作業を通して将来の仕事選びに繋がり、とても嬉しく感じました。

今後も、学生の皆様にモノづくりの楽しさを伝えられるように努めてまいります。

2017.09.25夏季インターンシップ開催

夏季インターンシップ開催

夏季インターンシップ開催

大学生向け・高専生向けのプログラムの実施

富士機械製造では、2017年8月24日から15日間大学生向けインターンシップ、8月28日から10日間高専生向けのインターンシップを実施し、本社および藤岡工場にて計24名を受け入れました。

私たちがこの取り組みを通して学生さんに感じてもらいたいのは『モノづくりの楽しさ』です。

研修では、各部署で社員と共に実際の開発、設計、評価、検証を体験してもらいました。FUJIの一員となって社員とともに課題に取り組むことで、富士機械製造への理解を深め、モノづくりの楽しさを学ぶことができるインターンシップとなりました。

学生さんからは、「働くとはどういうことか、今の自分に足りないものが何かを意識でき、これからの自分の成長の指針を見いだすことができた」「インターンシップを通して、FUJIに対する知識や考えを更に深めることができた。」「社員の皆さんがコミュニケーションを活発に行って問題を解決しており、仕事をするには周りの協力が不可欠だと感じた。」といったご感想を頂きました。

弊社でのインターンシップは、参加学生の皆さんが実際の現場で業務を体験することで、『働く』ということと向き合う重要な機会と捉え、今後も積極的な受け入れを実施していきます。

2017.08.28家族向け会社見学会

家族向け会社見学会

家族向け会社見学会

FUJIの職場をのぞいてみよう

富士機械製造は、2017年8月22日と23日に岡崎工場にて家族向け会社見学会を実施しました。2日間で、56家族、総勢180名が参加されました。

会社見学会では、会社説明、移乗サポートロボットHugの体験、工場見学や職場訪問等を行いました。
大変賑わう行事の一つで、リピーターとなって毎年、参加してくれる家族もいます。

会社見学を通して、仕事内容や職場の雰囲気から富士機械製造がどのような会社であるか感じてもらい、会社への理解を深める良い機会となっています。

今後も家族への感謝を忘れず、社員一丸となって良き製品作りに努めてまいります。

2017.08.28豊田市・藤岡工場 連続無災害記録 500日達成

労働災害の撲滅に向けて

富士機械製造は藤岡工場で、連続無災害記録500日を達成いたしました。

昨年より「労災ゼロを⽬指す活動」として、各部署から選抜されたリーダーを中⼼に、ヒヤリハットの抽出や危険源の把握、リスクの低減対策等により、労災撲滅を⽬指して活動を⾏っております。

月に1回会議を行い、毎月決めるテーマに沿ってリスクを洗い出し、対策を立てることでリスク回避に励んでまいりました。

その結果、藤岡工場の社員一同の協⼒により、⽬標である無災害記録500⽇の達成となりました。

富士機械製造は、今後も生き生きと働くことができる活力ある職場をつくるため、働く環境の整備・充実をすすめてまいります。

2017.08.22中学校、高等学校の職場体験実施

中学校、高等学校の職場体験実施

中学校、高等学校の職場体験実施

中学校、高等学校の職場体験実施

モノづくりを身近に感じて

富士機械製造では、職場体験として8月に以下の3校の学生さんを受け入れいたしました。
8月2~3日   豊田市立若園中学校       2年生 1名(本社)
8月7~9日   岡崎市立新香山中学校      2年生 6名(岡崎工場)
8月8~10日   愛知県立愛知総合工科高等学校  2年生 3名(本社)

参加いただいた学生さんには、各工場の実際の業務に応じて、工具を使っての組立作業や部品の配膳などを体験していただきました。

「普段できない金属加工を体験したり、部品の分解、組み立てをすることで構造がわかり、楽しかったです。」「工場を中から見ることで、仕事がどう回っているかを経験・理解できたのが良かったです。」「とてもやりがいがあって、思い出に残る職場体験になりました。」との感想をいただき、限られた短い期間ではありましたが、組み立て作業の楽しさや仕事に対するやりがいを感じてもらうことができました。

今後も、若い世代に対してモノづくりの楽しさを伝えられるように努めてまいります。

2017.08.03献血活動

献血活動

献血活動

献血活動

尊い人命を守るために

富士機械製造では、毎年2回各工場で献血活動を実施しています。
今回は岡崎工場、藤岡工場、本社工場で計156名の社員が献血し、愛知県赤十字血液センターに協力しました。

富士機械製造は尊い人命を守るために、今後も献血活動を続けてまいります。

2017.07.31大村知事と語る会

大村知事と語る会

大村知事と語る会

愛知県のモノづくりについて語る

2017年7月21日に愛知県庁で平成29年度第1回「大村知事と語る会」が開催され、富士機械製造が出席しました。「次世代産業の育成~創意工夫が育む、次世代のモノづくり~」をテーマに、大村知事、当社社員1名の他、6名の方々と2時間ほど意見を交わしました。

ロボット、宇宙機開発、大学の教授など、さまざまな分野の方々と次世代のモノづくりや人材育成、愛知県でベンチャー企業を育てるための環境整備等について話し合いました。

当社からは移乗サポートロボットHug(ハグ)のセールスリーダーが出席し、介護現場におけるロボットの必要性や将来性、また、ダイバーシティ推進のための制度や仕組み等について意見を述べました。
大村知事をはじめ、出席者の方々に興味を持って頂き、とても充実した時間を過ごすことができました。

2017.07.12ロボット技術セミナー

ロボット技術セミナー

ロボット技術セミナー

学生の皆さんにショールームを開放

富士機械製造では、2017年7月4日、5日の2日間、学生さん向けに本社ショールームを開放し、若手エンジニアが当社の製品や、「画像処理技術」「サーボ技術」などの要素技術を解説するロボット技術セミナーを開催しました。

参加いただいた学生さんには実装ロボットのデモンストレーション見学や移乗サポートロボットの試乗などをしていただきました。

2日間で計23名の学生さんが参加され、「実際に目で見て、体感することができ、興味がわいた」「人間とは比べ物にならない程の実装ロボットの速さと正確さに驚いた」といった感想をいただきました。

あまり知られていない産業用ロボットについて、学生さんが興味を持つ良いきっかけになったと思います。

今後も、学生の皆さんにFUJIのロボット技術の素晴らしさを伝えれるように努めてまいります。

2017.07.12藤岡工場530(ゴミゼロ)運動

藤岡工場530(ゴミゼロ)運動

藤岡工場530(ゴミゼロ)運動

地域社会の一員として

富士機械製造では530(ゴミゼロ)運動として、地域の清掃活動を定期的に実施しています。
2017年7月5日に従業員15名が藤岡工場周辺を清掃しました。ゴミの量は、4.4キロのゴミを回収しました。

富士機械製造は今後も地域社会の一員として、地域の環境美化に努めてまいります。

2017.05.24藤岡中学校職場訪問

藤岡中学校職場訪問

藤岡中学校職場訪問

モノづくりを身近に感じて

富士機械製造は、2017年5月11日に、藤岡中学校の2年生91名の職場訪問の受け入れを実施いたしました。
講義聴講、工場見学や各部署訪問を通して、働くことの意義や当社でのモノづくりを感じてもらいました。

学生さん達は、工場見学や講演の際には、各自でメモを取りながら興味深く聴講され、最後には積極的な質疑応答の時間となりました。
職場訪問を通して、将来は富士機械製造で働きたいと思ってくれた子もおり、大変嬉しく感じました。

今後も、学生の皆様にモノづくりの楽しさを伝えれるように努めてまいります。

ページトップへ戻る

人材育成

チャレンジを続けるプロフェッショナル、そんな従業員が生き生きと働くために、安全に働く事ができる環境の確保はもちろん、働きがいのある、働きやすい職場環境を目指して取り組んでいます。

労働安全衛生

安心して働ける環境を保つため、労働安全衛生に力を入れて取り組んでいます。
安全衛生委員会を設置し、定期的に職場をパトロールし、生産現場だけではなくオフィスの改善活動も積極的に推し進め、労働災害防止に取り組んでいます。
また、産業医面談制度、メンタルヘルス・ハラスメントに関する相談窓口も設置し、社員の肉体面・精神面の健康も支援しています。

ワークライフバランス

育児休業、育児短縮勤務、介護休業、短時間勤務制度、看護休暇制度など、多様な働き方、仕事と育児・介護の両立を支援する制度の充実を図っています。
2014年には育児短時間勤務を拡充し、子が小学校3年生を修了するまで利用できるようにいたしました。2016年には介護休業と介護短時間勤務の期間の改定を行いました。
また、社会貢献活動を行う社員に対しては、ボランティア休暇制度も用意しています。
ノー残業デーの設定などワークライフバランス周知にも積極的に取り組んでいます。

社員一人ひとりがプロフェッショナルとして力を発揮するために、様々な形で人材育成に取り組んでいます。

新入社員や若手、中堅、管理者、ライフプランなど各ステージに応じた教育研修を行い、自立した社員の育成に努めています。また積極的なローテーション、専門能力やスキルアップ、危機管理対策に向けた各種研修のほか、改善活動、表彰制度、自己啓発の支援など、様々な形で社員の業務遂行力向上を推進しています。

ページトップへ戻る