IR情報

コーポレートガバナンス

当グループは、株主様、お客様、お取引先様、地域の皆様及び従業員にとってより高い企業価値の創造に努めることを最重要課題と認識し、経営環境の変化に迅速かつ的確に対応できる組織体制と公正かつ透明性のある経営システムの構築・充実ならびにリスク・コンプライアンス体制の強化を図ることに努めています。

企業統治の体制の概要

当社では監査役制度を採用しています。
取締役会は、毎月の定例取締役会のほか、必要に応じ開催される臨時取締役会にて法令で定められた事項、その他経営上の重要事項の決定と業務の執行状況の監督を行っています。2019年6月27日現在の取締役は8名の体制となっており、そのうち社外取締役は2名です。2019年6月27日現在の監査役は3名であり、そのうち社外監査役は2名です。監査役は取締役会に出席し、毎月及び必要な都度監査役会を開催し、経営ならびに取締役の職務の執行の適法性を監査しています。
経営の意思決定機能と業務の執行機能を分離し、経営のスピード化と責任の明確化を図るため、執行役員制度を導入し、執行役員への権限委譲を行うとともに業務の執行責任を持たせ、定例及び臨時経営業務執行会議にて業務執行の報告及び方針の決定を行っています。業務の執行に当たっては、毎年度「経営方針」、「年間(中間)利益計画」を策定し、経営目標を明確にするとともに、各部門で達成管理を行っています。2019年6月27日現在の執行役員は10名(うち取締役兼務4名)です。
また子会社を含めた経営業務執行会議も定期的に開催し、グループ各社の経営状況の確認とコーポレート・ガバナンスの強化に努めています。

企業統治の体制を採用する理由

当社は、少数の取締役により迅速な意思決定と取締役会の活性化を図るとともに、執行役員制度を導入することにより経営のスピード化と責任の明確化を図り、効率的な経営システムの確立に努めています。また、内部統制会議の開催やリスク・コンプライアンス委員会の運営を通じて、経営の公正性及び透明性を高めるための体制整備にも取り組んでいます。社外取締役は取締役会において、それぞれの経験や専門的見地から助言・提言を行っています。 監査役会は社外監査役を含んだ体制として監査役制度の充実強化を図り、経営の機能監視を強化しています。

内部統制システムの整備の状況

代表取締役直轄の監査部を設置し、各部門の業務の執行状況が法令、定款及び社内規程に基づき適正かつ合理的に実施されていることを監査し、その結果を代表取締役に報告する体制をとっています。 また、財務報告に係わる内部統制の構築、整備、運用、評価を統括することを目的に、代表取締役を最高責任者とする「内部統制会議」を設置し、システムの整備状況を監督するとともに、継続的に改善を行い、企業価値の向上を図っています。

リスク管理体制の整備の状況

当社を取り巻くリスクを適切に管理するため代表取締役を最高責任者とした「リスク・コンプライアンス委員会」を設置し、各部門におけるリスク管理体制の整備を支援しています。また、全社的な視点から、「リスク管理基本規程」を定め、各部門において経営活動の遂行を阻害するリスクを組織的・体系的に整理したうえで、その発生の予防と発生時の損害を最小限にするよう努めています。さらに、品質、環境、安全衛生に係るリスクに関しては個別に委員会を設置し、各部門と連携してリスクの予防、回避、管理の各対策を講じています。 また、監査部は、子会社の業務の執行が適正に行われ、子会社を含めたコンプライアンス体制及びリスク管理体制が適正に運営されていることを監査し、その結果を代表取締役に報告しています。

株主・投資家との対話
  1. 当社は、株主・投資家の皆様と長期的に安定した関係を築くため、適切な利益配分と適正・公平かつタイムリーな情報開示に取り組んでいます。
  2. 当社では、機関投資家やアナリスト向けの説明会を第1四半期、第2四半期、第3四半期及び期末の決算後に実施しています。その他にも各種カンファレンスへの参加、海外IRの実施など様々な機会を通じて、株主・投資家様とのコミュニケーションを図っています。
  3. 当社ウェブサイトでは、事業概要や財務情報など、タイムリーにわかりやすい情報開示を心がけています。

Copyright© FUJI CORPORATION. All Rights Reserved