株式会社FUJI

 

事業紹介

大気圧プラズマユニット

プラズマ技術

複雑で高い機能が実装される工業製品においては、小型・軽量化しながらさまざまな複合機能を材料や部品に付与することが求められています。大気圧プラズマは、化学的に反応性の高いラジカルを利用して金属や樹脂に代表される工業製品のさまざまな材料にさまざまな機能を付与するために利用がひろがっています。

世界最高水準の高密度ラジカルを生成することができるFUJIのTough Plasma は、大気圧プラズマユニットとしては、プラズマガス温度が非常に低いことが特徴のひとつです。 熱的ダメージに弱い樹脂材料にも容易に使用することができ、異種材料の接着・接合分野やコーティング前処理、ドライ洗浄の分野でひろく利用されています。

さまざまなFA製品で培った自動化技術を活かし、インラインで使用いただくために必要なユーティリティを準備し、使いやすさや保全性に優れた製品をご提供しているのもTough Plasmaの大きな特長です。

接着性向上・密着性向上

樹脂材料表面に大気圧プラズマ処理を行うことにより、接着強度が大幅に向上します。ポリプロピレンやポリエチレンに代表される難接着性材料に対しても接着剤の凝集破壊が発生するほどの大きな接着効果を得られます。

※画像左下:プラズマ未処理(接着剤層/基材での界面剥離)※画像右下:プラズマ処理後(接着剤層の凝集破壊)

表面洗浄

大気圧プラズマ処理では、有機物の分解・除去を行うこともできます。ウエット洗浄で除去しきれない、切削油・離型剤などの微量な油分を分解・除去し工業製品の製造品質を安定させるために利用することができます。

アプリケーション

FUJI Tough Plasma は、さまざまな分野の製品の製造工程で活用いただいております。

自動車分野

◆樹脂接着

軽量化も背景に多くの樹脂が採用される自動車製造において大気圧プラズマ処理が活用されています。バックドア、インストルメントパネル、ドアトリムなど

◆表面洗浄

アルミダイキャスト部品のシーリング部分の前処理として使用いただくことで、高い密着品質を確保いただけます。オイルパン、 ECUケースなど

電機・電子分野

軽金属や樹脂材料が多用されている電機電子機器の製造にもご利用いただけます。アンダーフィルの浸透性向上、電子基板・リードフレーム洗浄、樹脂モールドなど

医療機器分野

熱に非常に弱いフィルムや細管が多用される医療機器の製造に、ご利用いただいております。カテーテルなど

関連製品