株式会社FUJI

 

NEWS

productronica 2019 に出展します

製品・技術・展示会
productronicaは、電子部品製造業界最大級の国際イベントであり、バリューチェーンが一堂に会する唯一の世界規模の見本市です。これまで40年以上に渡り、電子部品の開発と製造技術において、世界を牽引する見本市として業界のトレンドを紹介しきました。現在では、来場者はもとより出展者にも多くの最新技術や情報を提供する場となっています。
productronica 2019は、「Accelerating Innovation」をテーマに11月12日から15日まで開催されます。

新開発 NXTR:

業界初となる自動部品供給システムを搭載したハイエンドモデルの実装機です。「3つのゼロ」(実装不良ゼロ、オペレータゼロ、機械停止ゼロ)をコンセプトに開発されています。

新開発 NXTR PM:

NXTRと親和性が高いクリームはんだ印刷機です。はんだの補給や一台でシングル搬送、デュアル搬送の生産に対応します。

NXT III:

世界最多の販売台数を誇る実装機。業界トップクラスの高速実装を実現。柔軟性のあるモジュールコンセプトにより、変種変量生産に最適。高品質を維持し、極小部品から大型異形部品まで幅広く対応します。

AIMEX III:

多品種少量生産に最適な極めて柔軟性に優れた実装機。豊富な段取り替え運用で、試作から量産まで幅広く対応します。

自動メンテナンスユニット:

ヘッド、ノズル、フィーダーのメンテナンスを自動化します。メンテナンスに必要なオペレーター人数を最小限に抑えることができ、特別なスキルも必要ありません。

GPX-C:

大型基板生産に対応した高精度スクリーン印刷機。高精度な位置決めができ、多様な基板に対応します。メンテナンス時間も最小限に抑えます。

sFAB-D:

優れた柔軟性と拡張性を持った汎用自動部品組立機です。リード付き部品だけでなく、これまで手作業で行っていた大型異形部品の挿入まで自動化できます。

sFAB-α:

アキシャル部品、ラジアル部品、ジャンパー線挿入を1台に集約した自動挿入機です。工程間の仕掛り在庫を削減できるうえ、設置スペースを縮小できます。

s|tower:

省スペースで高い収容力を誇る自動部品倉庫です。部品のピッキング時間を大幅に削減します。多様な部品を収納でき、部品のピッキングミス撲滅にも寄与します。

展示ブースのご案内

productronica FUJI ブース: Hall A3.317
FUJI は、SEMI SMT-ELS 展示ブース(A3.134)へも NXT IIIc を展示します。またフラウンホーファー研究機構 IZM プロジェクト(B2.480)にも参加を予定しています。

 

関連リンク